憧れの仕事

舞妓

舞妓さんと言ったらどんなイメージを持つだろうか。はんなりした京都弁をしゃべり、いかにも昔の日本の女性のようなイメージだと思うかもしれない。実際にそのとおりだ。舞妓さんは、昔とは若干の違いはあるものの、それでも昔の教えを連綿と受け継ぎ、現代までその姿を残してある日本の伝統文化の一つである。しかし舞妓さんは実はまだ見習いであり、芸姑になるための修行中の身分のことでもある。舞妓さんは、成長すれば芸姑さんになる。つまりまだ修行中の半人前の姿が舞妓さんなのである。その気になる舞妓さんの仕事内容だが、京都の祇園を中心にお店で歌や踊りといった芸でなどで宴会を盛り上げるのが仕事である。これは芸妓さんになっても同じであり、むしろ芸妓さんがメインとなる。つまりまだ修行中の若手芸人というのが舞妓さんであり、芸妓さんは大御所芸人といった所だ。

舞妓さんは主に京都にいるが、実は他の地域にも舞妓さんはいる。例えば山形県には舞娘という舞妓さんと同じ呼び方の職業があるが、衣装は京都とは異なる。他にも福井県や奈良県にもいるが数は少なく、舞妓募集をしている。また、神戸の有馬温泉では高卒の新人は舞妓と呼ばれているそうだ。なのでこれは厳密には舞妓さんではない。舞妓さんになるには、様々な条件があるが、まずは修行する場所を探すのが先である。現在はインターネットで舞妓募集のサイトが有り、舞妓募集をしているところを見つけ、そこに舞妓になりたい旨を話す。舞妓募集をしているからといってすぐになれるわけではない。舞妓さんは客商売であり、しかも日本から古く伝わる商売だ。バイト感覚でできるものではなく、正直かなり厳しいものとなる。